苦しい思い出

閉鎖病棟でのトラウマについて書きます。私は約1年間閉鎖病棟に入院していました。そこでの生活はひどく苦しく思い出すだけで痛みすら感じます。

私はあることがきっかけでひどく調子を崩しました。そして生まれた憎悪とでも言ったらいいような感情、そして復讐心。私の心はその感情に飲み込まれ、感情の炎で自らをも焼き尽くしてしまいました。

自分の輪郭が曖昧になり、自分を保つことができなくなりました。奇声をあげたり馬鹿笑いしたり大泣きしたり、感情が大きく揺れ動く日々が続きました。

誰に怒りを向けたらいいのかもわからず、何が悪かったのか必死に考えました。考えても考えても答えは出ず、自分が悪かったのだと思い込もうとしました。でもその答えをどうしても飲み込むことができません。悪いもの探しをしても仕方がないと言いますが、怒りの落とし所がなく、かといって自分にぶつけるのも可哀想で、もんもんと悩み続けることしかできませんでした。

その時の私には文章を書く力さえ残っていませんでした。言葉で気持ちを伝えることもできませんでした。感情を剥き出しに怒り狂うことしかできませんでした。

閉鎖病棟で暴れる私はよく隔離室にいれられました。入院した初めの頃は隔離室でも暴れ続けていました。そのうち暴れることも疲れた私は歌い出しました。小さい頃に歌った童謡を一生懸命歌いました。それにも飽きた頃には今の私が好きな歌を歌いました。それも馬鹿らしくなって退院する前ぐらいには布団を頭まで被って眠るようになりました。布団をかじって破きました。ご飯を部屋中に撒き散らしました。私は声を出すことをやめました。

 

どうしたら退院できるのか、ここから逃げられるのか。閉鎖病棟ですぐに隔離される日々がつらく自傷行為をしました。洗剤を飲んだら肺炎を起こし、救急搬送されました。

苦しかったけど、一瞬だったけど逃げることができました。搬送先で入院になることを願っていたけど入院にはなりませんでした。

 

次に私がとった行動は他人に暴力を加えるということです。人に水をかけ、部屋中に水を撒きました。

「暴力は許さない」当時の主治医がそういって、退院することができました。

 

でも退院できたのはいい事のはずなのに、私は入院したくてしたくてたまらなくなりました。1年近く自分を見失い入院していたので、それまでどうやって暮らしていたのか、全く分かりませんでした。退院して1ヶ月間の記憶が丸々ありません。でも閉鎖病棟に何度か再入院したり救急病院に入院したりしていたみたいです。

2ヶ月目は昼夜問わず眠っていました。薬の副作用と瀉血で貧血が進み、起きていることができませんでした。それでも起きたらまた薬を飲んで瀉血をして、眠るために体を壊していました。

3ヶ月目の前半は体調不良で眠っていました。貧血で何もできないことがつらく感じ治療を始めました。少し良くなった頃ぐらいに部屋の掃除を始めました。

4ヶ月目は部屋の断捨離をし模様替えをし、まともな自炊をし始めました。新しい精神科にも行き始めました。

普通の生活を取り戻すまで4ヶ月かかりました。

 

何が良くて何が悪いのか、今となってはわかりません。でも今の私は死にたいながら生きています。死ぬための道具を枕元に置いて、確実性は無いかもしれないそれをお守りのように静かに眺めているのです。それはいつでも死ねる安心感です。

 

 

良い時間

友達が遊びに来てくれてなんだかとっても楽しい1日でした。おもてなし料理を考えたり、お部屋を掃除したり、会う前にも色々して充実した何日間かを過ごせました。いっぱい褒めてくれてやりがいがあったなぁ。

なんだか死にたくなくなった

死にたい気持ちが完全になくなった訳では無いけど、もう少しだけ一緒に居られたらなって思った

今週末にでも実行しようと思っていたけど先延ばしできそうです。

 


f:id:eaudemer:20180615001543j:image

 

楽しい時間をありがとう

準備

自殺を考えています。今度こそ死ねるかな?私の生きた跡なんて残さずに消えるように死にたいと前は思っていました。でも今は私が生きた跡を残そうと思って、文章をまとめています。でも最期が自殺だなんてとんだ自伝だよね。

 

元気になった、表情が明るくなった、こんな日が来ると思わなかった、なんて言われるぐらいに病んでいない毎日を過ごしています。母との関係が改善され、大好きな母と一緒に過ごすこともできて、病気の症状もほとんど出ていません。

鬱々としている訳でもない、誰かに復讐したい訳でもない、それなのに死にたいのです。苦しみや辛さもありません。ただ言えることは、自分が生きていく未来が想像できないということです。

毎日掃除や洗濯、買い物や料理をして1日を過ごせばそれなりに充実した日々が送れます。私は今それが出来ています。これからもそうやって生きていけばいいんだよ、生きているだけでいいんだよ、そう言ってくれる人がいますが私がそれを許せないのです。

 

私は高校生の時に精神疾患になりました。その時から一般の人とはかけ離れた生活を送っています。精神科病院に何度も入院し退院することはできても、すぐにまた入院するような暮らしをしていました。自傷行為や摂食行動の異常(過食嘔吐など)があって生活自体に疲れきってしまうのです。それらは依存と言われる「やめたくてもやめられないもの」なのです。そして「意思や根性でやめることはできません。」。その行為がやめられるのは、行為の必要がなくなった時です。どういう意味があってそれをしているのか、いつか分かる時が来ると思います。私の場合は症状を出し続ける事で、病気という立ち位置を獲得し、生きる意味を感じていた、というものが大きいと思います。自分が分からない私は、病人になってアイデンティティを確立していたのです。

だから何が言いたいのかというと、私は然るべき時期に一般的な経験ではなく、精神疾患を持つ人の経験をしてきたため、今すぐに一般の人と同じように働くことや交流を持つことが難しいということです。

新しい事を始める時不安や恐怖を感じるのは当然だと思います。期待だけで物事を始められる人はいません。その時に勇気が必要になるのだと思います。

その勇気が私にはないのかな。それは生きていく勇気と言い替えてもいいものかもしれません。今まで生きてきたけど、いつだって私たちは選択をして行動し、人生という道を切り開いてきたのです。そこには大きさこそ違うものも勇気をもって選択をしたはずなのです。

 

私は死ぬという選択をしました。既遂できるのかどうかはわかりません。道具は準備しました。部屋の片付けも進めています。部屋をきれいに片付けたら決行の日を決めたいと思います。

 

また、書きます。

おわり

 

知恵の輪

私は4月に約4年通っていた病院を変えました。主治医への不信感が積もりに積もり、診察のたびに気分が悪くなりままならない日々を送っていました。
この病院には何度も入院したので、主治医との関係性や看護師さんとの関係性も築けていたはずだったのですが、ある事件があり主治医を信頼できなくなりました。それは1年程前の出来事です。
入院中の事です。私は身体的疾患の治療のために多量のステロイド剤を飲んでいました。その薬の副作用でステロイド精神病が起こり、たびたび迷惑行為をするようになっていました。(主治医にステロイド精神病だと言われましたが、私は抗うつ薬の副作用だと思っています。)そんな私に主治医は退院か閉鎖病棟への転棟を選ぶよう指示しました。その時私がどういった返答をしたのか覚えていませんが、退院にも転棟にもならず、もう一度迷惑行為した時にその判断をするということになりました。私は必死に自分を抑えようと我慢しました。ですがその時に入院していた他患(病院で知り合って仲良くしていた友人でもある)が私の行動が迷惑だと直接私を罵ってきました。よくもそんなに出てくる罵詈暴言に困惑しました。私は即座に言葉を喋ることが苦手なので言い返すこともできませんでした。ありきたりな悪口は言いましたが。売られた喧嘩を買ってしまったのです。
それが迷惑行為だと判断され、私は閉鎖病棟に転棟することになりました。その日主治医がいなかったので、喧嘩相手の主治医による指示でした。相手には注意があっただけで、その事があってからも開放病棟に入院し続けていました。
私は制御できない行動で迷惑をかけてしまう自分に怒りを感じていました。だから病状的に開放病棟での治療は限界だと感じていました。そう思い込もうとしました。でも許せませんでした。主治医の指示があるからと私が転棟になったこと。その時の私は迷惑行為をしたわけではないのです。どうしてこのような理不尽な事が行われるのか理解に苦しみました。
私は必死に我慢していました。だから余計に苦しくなりました。頑張っていたのにそれが認められず、悲しみさえ感じました。私は開放病棟のスタッフさんが大好きでした。閉鎖病棟は知らない人ばかりでした。私だけ転棟という処遇をされ、相手は守られるのに私は守られないんだという喪失感を感じました。今まで私を守ってくれていた壁が崩壊したような大きな喪失感でした。
私はその後閉鎖病棟で2日程過ごし主治医の診察を受けて退院しました。しかし開放病棟への出入り禁止という指示がありました。
その1週間後私は閉鎖病棟に再入院しました。そこから長い入院生活が始まりました。私の心はその件で崩壊し、なかなか立ち直ることができませんでした。これが事件の概要です。
入院生活で主治医への不信感はさらに強まりました。何度も主治医変更を望みましたがそれが叶うことはありませんでした。最後に主治医に変更を頼んだ時言われた言葉が忘れられません。「他の医師に迷惑をかけることはできない」何を言っても無駄だ、これは私が見切りを付けるしかない。そう思って転院を決意しました。転院してからも色々と問題が発生しましたが、なんとかやっています。生活も軌道に乗り始めました。
久しぶりにその病院の看護師さんに会いに行ったら元気な表情に驚かれました。転院して良かった。無理にしがみつくより離れた方が楽でした。私は主治医に不信感を抱えながらも見捨てることが出来なかったのです。主治医との関係性はいつの間にかこんがらがったものになっていました。
転院を決意するまで1年かかりました。非常に苦しい1年でしたが、学びも多かったと思います。病気との付き合い方や常識は守るべきだということを学びました。しかし未だにあの事件の傷は癒えていません。でもそろそろ手放すことができそうです。

不健康自慢

私は病気になりたいです。病気になったら母から関心をもらえるのではないか、そう思って病気になる努力を始めました。私が最初に目指した病気は摂食障害でした。中学生の頃です。図書館で摂食障害関連の本を読み漁り、診断基準に当てはまるように演技をし体重を落としました。無事診断基準を満たすことができました。でもその時は病院にかかっていないので診断は受けていません。
それ以前から自傷行為もしていました。リストカットとODです。未だに続けています。おかげで体は傷だらけです。誰にも負けないような酷い傷跡が欲しかったけれど上には上がいて私には到底真似できないレベルだと気づき、最近は傷付けることが減りました。その代わり瀉血個人輸入で手に入れた内科薬(降圧剤や免疫抑制剤抗がん剤など)を乱用しています。重度貧血と内科薬の副作用で体調は最悪ですが、気分はいいです。
精神科ではBPDの診断を受けています。自殺未遂や自傷行為ということで幾度となく救急車や警察のお世話になっているので、当たり前の診断かなと思っています。
ですが私は病気になってかまってもらうことを目的として演技をし、自傷行為をし病気を作り上げているのです。しかもいつも助けられることを前提として行動していますから死にたくないのだと思います。だから回りくどい自傷行為をしているのです。
病気になってかまってもらうことが私の生きがいです。病気になるためならなんだってできます。

寂しいんです。病気じゃない私には価値がありません。だんだんと自傷行為の危険度が上がっていることを自覚しています。体のつらさに耐えきれず、治療をしたいと思うこともあります。でも健康になることを許せません。私は健康な自分を想像できません。健康でも不健康でもみてるよ、と言ってくれた先生がいます。その言葉が真実だということを分かっています。でも私にとって病気を治療なりケアなりしてもらうことが快なんです。それについて愛情と心配を履き違えてると指摘されたこともありますが、ただの愛情じゃ満たされない程私の心は歪んでいるんです。

久しぶりの看護師さん

この前まで通ってた精神科に行ってきた

診察じゃなくて看護師さんたちに会うために

 

久しぶりにデイケアの看護師さんに会ったんだ

あれ〜誰かわからなかった 顔がすっきりしたな~元気そうで良かった!会いに来てくれてありがとう!

「何があなたを変えたんだ?」

主治医との関係性が築けていたと思っていたけど違っていたのか?

 

私は病院に依存しすぎていたんだと思うよ

主治医にも看護師さんにも。

子ども返りが辞められなくなった

試すように色々な事をした

憎しみそして大きな悲しみ

お前らは本当に私を見捨てないのか!?

もういい見捨ててくれ!

「お前らが見捨てないなら私が見捨てる!」

 

これをしたんだ

BPDらしい別れ方だったかもしれない

でも後悔はない。

信用できないけど頼ってしまう事への依存を断ち切ったんだ

だから主治医と別れて良かったと思う

 

壊したくない関係性だったけど無理に続けてつらい気持ちになるんだったらやめた方がいい

 

ただ最後、ちゃんと診察を受けて紹介状を書いてもらうことができたらもっと良かったと思う

そんな余裕がないぐらい追い詰められていて限界を感じていたのも確かだけど

 

主治医に会うことは無い(会わないようにしている)けど、看護師さんにはたまに会っている

それを容認してくれている主治医には感謝している

病院出入り禁止になってもいいようなことをしたと思うから

信頼する人に会えて日々のことを報告して喜んでもらえることが嬉しい

病院を変えても私にちゃんと対応してくれることが嬉しい

 

病気だからといってなんでもやっていいわけじゃない

人に迷惑をかけることはしていけない

これも学びの1つだ

 

おわり

 

最近のこと

久しぶりに内科に行ってきた

フェジンの注射、週2回×5で全部で10回打つ計画を説明された

貧血治すのが嫌でなかなか内科に行けなかったんだけど行ったら先生も看護師さんも褒めてくれて嬉しくなった

勇気を出して来てくれたんだね!って

 

ここで看護師さんとおしゃべりしながら注射打ってもらってたら心身ともに元気になりそう笑

今日の注射もそんなに拒否感なく受けられた

貧血は苦しいのに死にはしないことが分かったから貧血でいる必要がなくなったのかもしれない

たかが鉄欠乏性貧血、鉄入れれば治る

材料不足で体調不良になってるなんてなんかみすぼらしいかも?なんて思ったりして

 

でも1番は体の苦しさがキツいから治す気になったんだと思う

 

先生に表情明るくなったって言われた

看護師さんたちもお姫様みたい〜って(きれいだねって意味)言ってて健康だと心配じゃなくて喜んでもらえるんだなぁってしみじみ思った

 

私はお姫様とかお嬢様って言われることが多いんだけど、ふりふりなレトロ感というか子供っぽい服装をしているからだと思う笑

そろそろ大人なお洋服を着こなしたいけどなんだか恥ずかしくて着れない

 

おわり